リアルタイム閲覧者数:1人

 

【看護師】転職を成功させるコツ

 「看護師になって最初の就職で失敗した」「転職では失敗したくない」という気持ちが強いと思います。 転職で失敗しないために、どうすれば成功させることができるか。転職のコツを解説します。



 

退職する前に転職活動を始めよう

 転職活動を始める前に、先に退職してしまう看護師の方も多いです。 退職して、いったん落ち着いてからナースセンターや転職エージェントに登録するのが主流のように思います。 しかし、転職活動は退職する前に始めるのが成功のコツです。

 というのも、退職済みだと転職先に足元を見られてしまうからです。 「切羽詰まってるんでしょ?この条件で我慢して働けよ」と言われてしまうわけです。

 そこまで言われないにしても、転職先を探しているうちに生活費が足りなくなってきて、 妥協して転職先を決めてしまうということも発生しがちです。

 逆に在職中の転職活動なら「条件が悪いから転職をやめる」という選択肢もあります。 その場合、転職先から好条件が引き出せる可能性もあるわけです。

 また、転職先を探している間に「今の職場の魅力」を見つけることができ、 転職を思いとどまることもできます。 もし先に退職してしまえば、「元の職場が一番だった」と気づいても後の祭りです。

 そして結婚や転勤など「理由のあるブランク」ならともかく、「理由のないブランク」は病院が嫌がります。 できるだけ履歴書に空白期間をつくらないように、在職中に転職活動を始めることが大事です。

 

希望条件を決めよう

 転職にあたって希望する条件を最初に決めるのも、成功のコツです。 いろんな求人を見ているうちに情報があふれて目移りし、本来行きたかった職場ではないところに転職してしまいがちです。 特に以下のような条件は先に決めておくことが必須です。

  • 施設種別:病院・診療所・訪問看護ステーションなど
  • 病院の種類:特定機能病院・地域医療支援病院・一般病院など
  • 雇用形態:常勤・非常勤
  • 業務内容:病棟・外来・手術室・ICUなど
  • 勤務形態:3交代制・日勤のみなど
  • 休日日数:週休2日制など
  • 待遇:給料や手当の額、賞与の有無
  • キャリアアップ支援の有無
  • 子育て支援・介護支援の有無

 ここで「これ以上は譲れない最低ライン」を決めておき、 それを満たさなかったら「転職を取りやめる」という強気の姿勢で転職活動に取り組みましょう。

 あらかじめ希望条件を決めておくことで、転職先を探す際に「手あたり次第」になんでも求人を読む必要がなくなり、 条件を満たす求人に絞って検討することができます。 転職活動が効率的になり、すんなり転職先を見つけることができるでしょう。

 逆に、「こっちのほうが給料が1万円高い」「家から1駅分だけ近い」といった微妙な違いで転職先を決めるのはやめましょう。 あらかじめ決めておいた最低条件さえ満たしていれば、あとは「自分に合った職場かどうか」で決めるのがベストです。

 

転職エージェントに登録しよう

 転職する看護師の大半は「ナースセンター」を利用します。しかし、ナースセンターはあまりおすすめしません。 なぜならその仕組み上、「満足な転職」をサポートする義務がなく、サービスが悪いと言わざるを得ないからです。

 転職をする看護師にとってはナースセンターも転職エージェントも無料です。 ですが、求人募集をする病院にとって、ナースセンターは無料で転職エージェントは有料なのです。 この違いがサービスにも違いを生みます。

 転職エージェントは病院に気に入られ、かつ看護師の間でも評判を高めなければお金を稼ぐことができません。 そのため、病院にとっても看護師にとっても「満足な転職」を実現する義務があるのです。

 ところがナースセンターはそうしなくても、看護協会や厚労省から給料が支払われます。 病院や看護師が満足するかどうかは、転職エージェントほど重要ではないのです。

 そのため、転職エージェントのほうが看護師へのサポートが手厚いという状況が生まれます。 あなたの希望条件にあった転職先を紹介してくれて、履歴書の書き方院内の雰囲気、 細かい待遇や条件に至るまで徹底して調べてくれます

 そしてナースセンターには求人を出さない大規模病院も、転職エージェントには求人を出しています。 看護師は完全無料ですから、転職エージェントを利用しない理由はありませんね。

 

施設の理念を読もう

 転職エージェントに希望条件を伝えていたら、それにあった求人を紹介してもらえます。 求人を受け取ったらまず最初に、理念を読むことが成功のコツです。

 最初の職場を選んだとき、「給料」や「家からの距離」などで選んだ方も多いでしょう。 ですが、働くときに一番大切なのは、「その職場が自分に合っているかどうか」です。

 いくら待遇が良くても、職場が楽しくなければ人生は一向に良くなりません。 先に決めておいた「最低条件」を満たしていれば、あとは「自分に合った職場かどうか」で転職先を決めるのがベストです。

 「自分に合った職場かどうか」を判断する基準が「施設の理念」です。

 あなたに「こんな看護師になりたい」「こんな人生を送りたい」というがあるように、 施設側にも夢があります。それが「理念」です。 病院や診療所などの運営を通じて「こんな社会を実現したい」という理想がそこに書かれているのです。

 何事も「同じ目標を持った仲間」と組むのが一番楽しいですよね。 中学校より高校、高校より大学のほうが楽しいのは、同級生と「目指すところが近い」からです。 部活よりサークルを選ぶのは、「強くなりたい」というより「楽しみたい」という人といるのが心地よいからです。

 施設の掲げる理念を読んで、共感できるならその転職先はあなたに合っているでしょう。 逆に共感できなければ、その職場は自分には合わないと思ったほうがよいでしょう。

 

志望動機を作り込もう

 紹介された求人に応募することを決めたら、次にやることは「履歴書の作成」です。 履歴書で一番大切なのは「志望動機」であり、志望動機を作り込むのも転職成功のコツです。

 確かに今は人手不足で、とりあえず応募すれば受かる職場があるのも事実です。 ですが、応募先がそうであるかはわかりません。 応募先にも来てほしい理想の看護師像があるからです。

 まず1つが「施設の風土とあった看護師であること」です。 理念に共感し、同じ目標に向かって一生懸命働いてくれる人を求めています。

 もう1つが「長く働いてくれる看護師」です。 新規に採用すると、その施設特有の作法や文化などを新たに教育する必要があります。 その「手間」以上に長く働いてもらい、ベテラン看護師になって活躍してほしいのです。

 志望動機では施設側に対して、理想の看護師であることをアピールすることで、 採用に至る可能性がグッと上がるわけです。

 少なくとも「今の職場の悪口」や「待遇に惹かれた」「家から近かったから」というような、 「理想の看護師」とは関係のない話は決してしてはいけません。 夢を語り、ともに夢を追いかけるつもりで志望動機を作成しましょう。

 詳しくは「受かる志望動機の書き方」で解説していますので、 そちらを参照してください。

 

親身に助けてくれる転職サイト

 転職は不安がたくさんありますよね。希望にあった求人があるのかどうか、 履歴書や面接は大丈夫か、今の職場をスムーズに退職できるかどうか…。

 そんな悩みに親身に寄り添ってくれるのが、マイナビ看護師≪登録無料≫ です。

 マイナビ看護師は日本最大級の看護師転職サイトで求人が多いのに加え、 就職・転職の豊富な蓄積からサポート体制が充実している特徴があります。

 「希望にあった求人」はもちろんのこと、その職場の雰囲気や師長の性格まで把握していて、 履歴書や面接はプロのアドバイスがもらえ、退職のサポートまでしてもらえます。

 大手ならではの安心感は何事にも代えがたいものです。 もちろん完全無料で利用できますから、ぜひ登録しておきたいですね。